派遣の時給アップの方法は?

同じ仕事なのに時給が違う…? 派遣の時給の「ナゼ?」解説

更新日:

1463576938292092

派遣で働いていますと、時々、他のスタッフの方の知るような機会もあります。
同じ時給だったり、納得いく差だったりすると良いのですが、「なぜ同じ仕事なのに違うの?」「その仕事内容で、どうしてその時給に…?」と疑問を感じてしまう事も。
今回は派遣の時給の「ナゼ?」を解説したいと思います。

<スポンサーリンク>

同じ仕事=同じ時給。 これって正しい?

そもそもの始まりの所からですが、「同じ仕事だから同じ時給」は正しいかどうかです。

実は、これは会社によって違ってきます。

ある会社では「この仕事はこの時給しか出せない」と決まっている所もあります。
逆に、「その人のスキルにあわせて時給を設定する」という会社もあります。

「このお仕事はいくら」という考え方をしている会社ですと、年齢や経験が違っていても、同じ仕事なら同じ時給になります。

「この人のスキルにいくら払う」という考え方の会社ですと、人が違えば経験もスキルも違いますので、仕事内容が仮に同じでも違う時給となります。
(もちろん会社的には、時給の高い人にはもっと難しい仕事を任せるという方針があるはずですから、同じ仕事になる事はあまりありませんが…)

同じ仕事でも少しずつ時給の差が開いていく?

そしてここまでは1年目の話でしたが、ここからは「数年経つとどうなるか」についてです。

派遣会社は一般的に、年に一度か、二年に一度ほどは派遣先に時給アップの交渉をしています。
それが上手く行きますと、本人の時給もアップします。逆に、派遣先が「値上げはダメです」で押し切った場合は、時給アップはなかなか厳しくなってしまいます。

もし入社時に同じ時給だったとしても、派遣先の評価が高いスタッフさんや、派遣会社の営業さんがやり手の会社の場合、時給アップ交渉が上手くいきやすく、数十円アップという事もおきます。
逆に、派遣先の評価が低かったり、派遣会社の営業さんにやる気がなかった場合などは、据え置きになる事がほとんどで、その分、アップした人との差が開いてしまう事も…。

時給アップのコツは、「自分のスキルをアップさせる」のはもちろんですが、派遣会社の営業さんにも一緒に頑張ってもらうのが大切です。

派遣会社が違うと時給が違う?

もう一つ、時給が違う大きな理由があります。それは「派遣会社の支払うパーセントが違う」という理由です。

例えば派遣先が派遣会社に1時間2000円を払っていたとしますと。

派遣会社Aではそのうちの1500円を派遣スタッフの時給として払い、派遣会社Bでは1600円を時給として払っていたりします。

こうなりますと、派遣先としては「派遣会社Aの人もBの人も、同じだけ払っているんだから同じように頑張ってね」という思いになりますが、実際はもらっている額が違ってきます。
派遣会社Aのスタッフは1500円なのに、Bのスタッフは1600円…なのに仕事内容は全く同じ。

こんな事も(多くはないにしろ)実際には起きています。

もしこの状態が自分に起きているのがわかりましたら(しかも自分の額が少ない方だったら)、派遣会社を変えるタイミングかも知れません。

まとめ

同じ仕事なのに時給が違う…。ナゼ? と思う事もありますが、意外と納得のいく理由だったりする事もあります。
もしどうしても「これはおかしい!」と思う時は、派遣会社に一度相談をしてみるのも良いかも知れません。

-派遣の時給アップの方法は?

Copyright© 派遣の受かり方・辞め方解説:派遣スター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.